読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾に留学しよう「台湾中国語学院」

台湾の澎湖島にある「台湾中国語学院」のブログです

【スポンサーリンク】

【元在校生からの声】台湾中国語学院の評判・口コミ・ご感想

【元在校生からの声】台湾中国語学院の評判・口コミ・ご感想

こんにちは!

いよいよ、澎湖(ポンフー)のシーズンが訪れようとしています。各地でたくさんの観光客の姿を見かけるようになってきました。

f:id:jamu333:20170415134414j:image

こちらは台湾で一番古いという歴史のあるお寺、天后宮(テンホウコン)

街のメインストリートからとても近く、澎湖老街を抜けたところにありますので、初めての澎湖散策におすすめひとつです。

 

今月20日からは、毎年大盛況の花火大会も始まります!

 

さて先日、卒業生の声をご紹介する、

台湾中国語学院の評判・口コミページ を作成致しました。

 

これまでのお問い合わせの中に、

「口コミや感想が見当たらなかったので少々不安がありました」

というご意見を頂くことがありましたので、過去に当学院にて学ばれた生徒様から頂いたお手紙を、掲載させて頂くことに致しました。


お名前以外は一切書き換えることなく、そのままの状態で掲載しています。

雰囲気をイメージして頂く一助となりましたら幸いです。

 

先生、スタッフ一同温かいお手紙、いつも嬉しく拝見しています。

皆様との再びのご縁をお待ちしております。

 

▼卒業生の方からのご感想(画像あり)

卒業生の声 | 「台湾中国語学院」

 

▼高雄の大学で語学留学されていらっしゃる方からの目線で書いて下さっています

www.gaoxionliuxie.com

 

当学院についての補足(ご質問への返答等)

  • 台湾の祝日・土日も授業は行っております
  • 授業は1日最高8時間まで受けることが可能です
  • 授業料は返金の必要が生じた場合は適切に都度返金しております
  • 清掃は生徒様の邪魔にならないよう、夜間に実施しております
  • 自転車は通常のほか、台湾有名メーカー、ジャイアントの自転車をご用意しています
  • レンタルバイク、ガソリンスタンドでの言い方のご案内は必ずしております(レンタル希望者のみ)
  • 通常の生徒様へはご到着日にバイクでの周囲のご案内をしております
  • 1号館に関しては街まで少し距離がありますが、徒歩5~7分圏内に、食堂5・6軒・コンビニ2軒・スーパー1軒、その他徒歩すぐの場所に日用雑貨店がございます
  • 2号館は街の中心部まで徒歩2分、セブンイレブンまで徒歩30秒です
  • 2号館はもちろん男性もご利用できます
  • 生徒様のサポートはLINEやお電話にてできる限りのご対応をしております(※深夜及び早朝、出張等により返信が遅れる場合もございますのでご了承ください)
  • 生徒様間でのご交流のLINEグループをご利用頂けます(希望者のみ)

 

まだまだいたらない所ばかりではございますが、今後とも日々努力を重ねてまいりたいと考えております。

 

先生同士の連携についてご意見を頂戴致しました際は、ミーティングを行い、日々どこまで進んだか、それぞれの受け持つ生徒様の理解度についての進捗の共有を再度見直しました。

 

今後、新たな主任制度を採り入れ、より品質を高めていきます。

当学院はこれからも皆さまの中国語能力向上に尽力してまいります。

台湾語学留学にかかる費用「台湾留学なら台湾中国語学院へ!」

台湾語学留学にかかる費用 

台湾へ語学留学をするとなりますと、一番はじめに考えるのがいくらかかるのかという費用についてではないかと思います。

 当学院で学ぶ際にかかる費用のほかに生活費についてもお問い合わせを頂くこともございます。よくご質問を頂く食費は、1日3食外食で2〜3万円くらいです。

 

やはり日本ではなく、現地で暮らしながら勉強するのは色々と不安もありますよね。
その分、費用を抑えられ、学習に適した環境なので上達も早いという面で語学習得には適しています(^-^)
 
特に中国語の場合は、自己流発音で間違って覚えてしまい、全く通じずに後で矯正するとなると大変なので、はじめはネイティブの先生からしっかり学んで基礎力を身に付けるのが大切です。
 
台湾の公用語は中国語(台湾華語)です。
中国よりも身近で行きやすく治安も良い空気の綺麗な台湾澎湖島(ほうことう・ポンフーダオ)で格安で中国語の語学留学をしてみませんか。

 

当学院への語学留学の場合は、面倒な手続きは不要ですべて個人で手配できますので、費用はかなり抑えられます。

 

授業料について

台湾中国語学院では、中国語の習得を一番に考え、教員免許を持った先生や日本語能力試験1級・2級を持ったきちんと教える能力のある台湾人の先生を正式に採用しています。生徒様のご希望により、英語での授業も可能です。

f:id:jamu333:20160813205502j:plain

小規模な分自由度が高く、最短3日からお好きな時にお好きな期間、語学留学して頂けます。
 
具体的な価格帯ですが、ご希望の組み合わせより授業料と宿泊料金を含めましても、
1ヶ月63,000円からの低価格で語学留学することができます
 

【短期語学留学】遊学のススメ「台湾留学なら台湾中国語学院へ!」

【短期語学留学】遊学のススメ

語学を習得したい!という場合は、語学留学(遊学)をおすすめします。

 

「留学と遊学、混ぜこぜで使っているけどどういう意味?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね^ ^

 

留学には、海外の大学・大学院で、現地の学生と同じ条件で、正規の教育課程を受ける留学(交換留学や私費留学)と、

語学を学びに現地へ行き、大学やスクールの語学習得コースの過程を受ける留学の大きく分けて2通りがあります。

 

正規留学するためには、授業も教科書も現地の学生と同じ条件のため、現地の言葉「を」学ぶのではなく、現地の言葉「で」学べるくらいの語学力が必要になります。

台湾の大学では教科書が英語、授業が中国語という科目も多いようです。

 

▼台湾の最高学府、台湾大学の授業の様子が見られます 

臺大開放式課程 (NTU OpenCourseWare)

 

正規入学の場合、中国語・英語レベルがある程度高くても、やはりネイティブと同じ条件で学ぶことはかなり大変です。

 

大学は興味のある専門分野について勉強をするところなので「中国語をもっと習得したい」「台湾が好きだから台湾の大学を出よう」という動機だけだと、挫折してしまうかもしれません。

 

中国語学習についても、意欲のある方は「せっかく海外で勉強するんだから、正規留学じゃないと意味がない!」と考えるかもしれませんが、

 

  • 台湾が好き
  • 台湾人と話したい
  • 台湾で生活したい
  • 趣味として中国語を勉強したい
  • 夏休み、転職の間・有給休暇に勉強したい
  • 将来的に正規入学・就職などを見据えて学びたい
  • 個人のビジネスのため中国語を学びたい
  • 定年退職後の楽しみとして学びたい

 

といった理由なら、まずは台湾へ短期の語学留学(遊学)から始めるのはいかがでしょうか(*^^*)

「台湾中国語学院」 | 台湾のリゾート地「澎湖」で短期語学留学。

続きを読む

エアコンは全室に完備されています「台湾留学なら台湾中国語学院へ!」

エアコンは全室に完備されています

開校までになんとか間に合うようにとお願いしていた、残り2台のエアコンの設置ですが、

 

先日、午後から工事に来てもらえるということになり、

f:id:jamu333:20160730214524j:plain

f:id:jamu333:20160730214541j:plain

f:id:jamu333:20160730214653j:plain

三階と一階、それぞれに設置が無事完了致しました!

続きを読む

【短期中国語留学】台湾へ語学留学するときの必需品・おすすめ持ち物「台湾留学なら台湾中国語学院へ!」

【短期中国語留学】台湾へ語学留学するときの必需品・おすすめ持ち物

お見積もり、ご質問、ご相談はお気軽に公式サイトのフォーム・Facebookページのメッセージよりお問い合わせください。

また、国内線の航空券の予約がよく分からない方へもLINEやスカイプにてお手伝い致しますのでご安心下さい。

公式サイト

【台湾中国語学院】 | 台湾のリゾート地「澎湖」で短期語学留学。格安料金で学べます。

 

当学院のブログへお越し下さいましてありがとうございます(^^)

台湾(特に澎湖島)へ中国語留学をお考えの方へおすすめの持ち物についてです。

 

台湾澎湖島(ポンフー)では、生活に必要なものはすべて揃えることができますが「あったら便利」といったものや、「中国語学習に必要」なものもあります。

 

こちらにおすすめ一覧をまとめていきますので、参考下されば幸いです♪

(30代女性が書いています)

 

よくあるご質問

電化製品は基本的に日本で使用しているものをそのままご利用できます。携帯電話(スマートフォン)の充電器・パソコン・ヘアドライヤーなど。

コンセントの差込口の形状も同じです。

 

手荷物・貴重品

f:id:jamu333:20160531224040j:plain

【必需品】パスポート

出入国、台湾国内線搭乗に必ず必要ですね。ケースへボールペンも入れておくと、日本から台湾の機内で記入できて便利です。

台湾ではオンライン入国カードのシステムがあるため、事前登録もおすすめです。

 

【必需品】現金

台湾元が手元にない場合は、日本円で持参し台湾にて両替がお得です。

 

宿泊費や授業料以外に、食費(3食全て外食でも1ヶ月2~3万円位です)・個人の日用品・観光・バイクレンタル、ガソリン代等を見積もってご持参下さい。

 

▼関連記事:バイクレンタル、ガソリンについて

台湾「澎湖(ポンフー)」で観光するための準備、レンタルスクーター - 台湾澎湖観光.com

続きを読む