台湾に留学しよう「台湾中国語学院」

台湾の澎湖島(ポンフー)にある「台湾中国語学院」の公式ブログです。

【格安語学留学】台湾のリゾート地、澎湖島で中国語をマスター「台湾留学なら台湾中国語学院へ!」

【格安語学留学】台湾のリゾート地、澎湖島で中国語をマスター

お見積もり、ご質問・ご相談は、お気軽に公式サイトのフォーム・Facebookページのメッセージよりお問い合わせくださいませ。日本人担当者が丁寧に応対いたします。

f:id:jamu333:20160523160536j:plain

 一番人気の観光スポット 七美の雙心石滬。このWハート目当てに訪れる観光客も多い。

 

澎湖島(中国語での発音はポンフーダオ)は日本ではまだあまり知られていませんが、沖縄の石垣島によく似た雰囲気の自然豊かな離島です。

 

離島といっても、台北から国内線を使い飛行機で約50分、高雄から約35分と比較的訪れやすい場所に位置しています。

 

ほかに、高雄と嘉義から船も出ていますが、波の状態によっては揺れが激しく長時間のため、飛行機を使うのが一般的かと思われます。

 

台湾人にとって澎湖島は、日本人の沖縄のリゾートのような存在で、毎年多くの台湾人が観光に訪れます。

f:id:jamu333:20160523160831j:plain
中心部近くの老街

 

年々訪れる日本人観光客も増えてきており、これからよりいっそう注目されることは間違いありません。

 

また、そんな自然豊かな島で暮らす澎湖人(澎湖出身の台湾人は自分たちのことをこう呼びます)は、穏やかで親切な方が多く、日本人に対しても好意的で、みなさん優しく接して下さいます。

 

温かい場所で台北や高雄などの都市部と一味違う台湾短期語学留学を経験してみませんか?

  

f:id:jamu333:20160523160709j:plain
毎日綺麗な海と空、夕焼け、星空を満喫できます

 

台湾中国語学院の老師(教師)について

台湾中国語学院は私立の語学学校ですが、中国語を教える教師(老師)が日本でいうと教員免許を持った教師も在籍しています。

外国人に中国語を教える専門の教育課程を受けており経験も豊富なので、台湾の大学の語学センターでも教鞭をとれる中国語教師です。

 

当学院では、英語や中国語での授業のほか、日本語能力検定1級・2級を持つ先生も在籍するため、はじめから中国語や英語のみで授業を受けるのが不安…という方にも対応できます。

 

全く中国語が分からない入門者に「中国語のみで授業を受けたほうが上達する」と言うのは無理がある、そう考えています。

 

特に文法の説明には、学習者の母国語を用いたほうが無駄がなく理解もスムーズなため、最も重要な発音や会話、リスニングに多くの時間を使えるという大きなメリットがあります。

 

私の経験上ですが、初級以上になると中国語のみでの授業でも十分理解はしていけます。

先生の紹介 | 台湾中国語学院

 

授業・テキストについて

f:id:jamu333:20160523170524j:plain
澎湖島の文房具を使って楽しく学習
 

当学院では、台湾師範大学発行「新版實用視聽華語」を使用して授業を致します

1~5巻まであり、入門者から上級者まで対応できるテキストです。

MP3のCD付きですので、発音やリスニング練習、シャドーイングに適しています。

 

日本の台湾式の中国語教室では、例えば1巻目ですと4~5千円で販売されていますが、

当学院で学ばれる生徒さんはそれよりも格段にお安い価格でお求め頂けます

台湾国内であることと、本屋ではなく出版元より直接取り寄せできるためです。

 

※追記

現在は主に、臺灣師範大學発行の最新教材「當代中文課」を使用してレッスンを行っております。内容が台湾の生活に密着したもの、より会話重視になった印象です。

まだ上級者用が一般発売されていないため、その場合はレベルに応じて新版實用視聽華語などを利用しています。

 

また、希望に応じましてその他ご持参頂いたテキストやフリートーク、リスニング強化レッスン、台湾語の授業も組みますのでお気軽にご相談下さい。

タイミングが合いましたら、現地台湾人との交流もお世話致します。

 

台湾語学留学に関する費用

当学院では、マンツーマンレッスン・グループレッスンにて生徒さんの希望・レベルに応じて授業を致します。

 

宿舎もご提供致しますので、1ヶ月以上の長期滞在でも身軽にお越し頂けます。

もしご家族、カップル、ご友人などお相手がいらっしゃれば、一番スムーズかつ格安でご利用頂けます。

 

おひとり様同士でのグループレッスンとグループ部屋につきましては、タイミングにより、同じ希望・同レベルの学習程度の方がいらっしゃらない場合はご希望に添えないこともございます。一度お問い合わせくださいませ。

 

1ヶ月、授業料・宿泊費込み63,000円から

と非常に格安な料金設定となっております。

そのため、おひとり様はもちろん、ご家族・恋人、友人同士で休暇を兼ねてお越しになられる方も多いですよ。

 

開校後まもなく入門から学ばれた生徒さんは、「澎湖も先生のレッスンもとても気に入りました!テキストの5巻目までやりたいのでまた絶対来ます」と仰って下さりました。

リピート滞在のご予約も頂いております。

 

始まったばかりですが、小規模ならではの良いところもありますので、是非一度お気軽にお越し下さいね(^ ^)

 

詳細は当学院のサイトにてご確認頂けます。 

学費・スケジュール | 台湾中国語学院

 

当学院で学ばれる利点

通常台湾国内の大学に語学留学する際には、入学申込書、50万円以上銀行の残高証明書、学習計画書、健康診断書、推薦状、最終学歴となる学校の卒業証書と成績証明書など、大変多くの提出書類の準備が必要です。


当学院では、そのような書類の提出は必要ありませんので、大変スムーズにお手続きが進んでまいります。

 

また、正規留学以外ですと、大学であってもカリキュラム修了後の学歴は関係ありません。

 

特に、入門・初心者の方が綺麗な発音でスムーズな中国語習得を目指される場合は、ひとりひとりに応じたレッスンが受けられる語学学校は有利です。

 

教室・クラス単位では、ひとりにかけられる時間が少なく気を遣うことも多いので、

通じない発音・一度勉強したのに理解できていない…といったことから、実際にもう一度学び直しを希望される方もいらっしゃいます。

 

もちろん、大学付属の語学センターは歴史が長く、宿題・テストが多く管理が統一されている、他の国から来た人との出会い、交流などメリットもあります。

 

もし「授業に自分だけついていけなかったらどうしよう」といった方や、「人間関係が不安」「若い人ばかりに混じるのは抵抗がある…」といった心配や引け目で悩んでいらっしゃるのなら、選択肢へ入れてみて下さいね。

日本語を話せる台湾人の先生が多いので、質問やアドバイスも気軽に受けられます。

 

近頃では、外ごもり、海外で出費を低く抑えながら充実した毎日を過ごす生き方も注目されており、澎湖は治安も良いため海外初心者の方も安心です。

台湾のリゾート地、澎湖島で中国語マスターへの第一歩を踏み出しませんか?

 

当ブログでは、台湾や澎湖島の魅力、観光について、授業の様子を記事にしていきます。